ブルーベリーの多様な食し方|パクパク食べて体の中から健康に

レディー

認知症を予防できる

果物

フラボノイドが活躍

ブルーベリーは目に良い効果を引き出したり、最近では免疫力向上効果が発見されたりと体に良い影響を与えることができるフルーツとして伝えられています。しかし、その効果のほかにも優れた効果をブルーベリーは発揮されることが知られています。それが認知症予防効果です。ブルーベリーにはフラボノイドという成分が含まれておりまして、その成分が認知機能の低下の進行を抑制させる働きがあるのです。認知症を予防するものといえばオメガ3脂肪酸が含まれるアマニ油やえごま油が最近話題となっていますが、実はブルーベリーにもその効果があるということがわかっているのです。ブルーベリーでしたら気軽に食べることができる機会が多いフルーツでもあり、ジャムやドライフルーツなどで食べることができます。

昔から人気のあるフルーツ

認知症というものは特に最近話題となってくることがあり、高齢化社会となっている世の中が影響しているのかもしれません。多くの人が認知症を予防させたく思っていることがあるため、認知症予防効果のある栄養素を知ることができれば、その成分が含まれる食材は人気を呼ぶことがあります。ブルーベリーは昔から多くの人に好まれているフルーツで味わいやすく、高齢者の人でも食感が柔らかいため食べやすいものでもあります。普段朝食にパンを食べたりヨーグルトを食べたりする人は、ブルーベリーのジャムを使用してフラボノイドを摂取するのも良いかもしれません。そのフラボノイドには抗酸化作用効果や抗炎症作用効果があることで認知機能の低下を軽減させるといわれています。