ブルーベリーの多様な食し方|パクパク食べて体の中から健康に

レディー

目の疲れの改善

目頭を押さえる男性

目の疲れをいやす成分

現代ではデジタル機器の発達が進み、それに伴ってデスクワークでパソコンを使う職業も増えています。パソコンは一点を近い距離で見つめることになるため、長時間同じ姿勢で同じように作業を続けていると眼精疲労が起きやすいと言われています。また、スマートフォンの多様化も進み、メールだけでなくゲームやインターネットでの検索、動画の視聴など多くのことが出来るため長時間使うことが多いです。その為、現代は眼精疲労が起きやすい環境であると言えます。眼精疲労をいやすには、目の機能を助けるサプリメントなど健康食品を摂取することが望ましいです。目の機能を助ける栄養成分として、ルテインやアントシアニン、アスタキサンチンなどがあげられます。

予防に努める

ルテインは緑色野菜に含まれるカロテノイドという天然の色素の一つです。紫外線や酸化によるダメージを防ぎ、目を守る作用があります。黄斑変性症や白内障などの目の病気の発病を抑える働きもあると言われています。アントシアニンはブルーベリーやカシスなどの紫色の果実や、ナスや紫キャベツなどの野菜に含まれているポリフェノールの一つです。網膜に作用することで、目の働きを高めます。アスタキサンチンは、鮭やカニなどの筋肉に含まれるカロテノイドの一つで抗酸化作用があるため、目の老化を防ぐ作用があります。眼精疲労は、症状が出てから対処するよりも、症状が出る前に対処することで予防が出来るようになります。症状が出る前に予防をしておくことで、眼病予防にもなると言われています。